歯科助手

これなら成功できる!歯科助手への転職、成功の秘訣とは?

近年は、歯科助手への転職が大変注目されています。

そもそも歯科は景気や不景気に左右されにくい業界であるといえます。これは歯科に限らず、どんな病院でも当てはまるのですが、治療を必要とする患者さんは必ず歯科を必要とするのです。それはご時勢が景気に動向に左右されようとも、患者さんの絶対数時代は安定しているためともいえるでしょう。

また、歯科助手に関して言えば、歯科医や歯科衛生士とは異なり、資格を必要としません。その一方で、一般事務のような一般的な事務所と比べると、その給料は歯科助手の方が割高であるというメリットもあります。そのため、未経験でも歯科助手への転職が十分に可能であるとともに、求人そのものの絶対数も大きく上下動しないという特徴もあるのです。

歯科助手への転職を成功させるポイント…未経験でもやる気さえアピールすれば、十分に成功できるチャンスがあることから、やはり志望動機がその成否を握っているといっても過言ではありません。歯科助手になって何がしたいのか、なぜ求人募集した歯科を志望したのか…こういったことを明確にしておくことが重要です。どこの歯科でも良いわけではなく、あえてこの歯科を志望した理由は何か…そういった点を明確にすることで、求人に対するやる気をアピールすることが出来ます。

そして、歯科助手は受付や会計の仕事もあることから、接客も重要な要素です。笑顔で患者さんを迎えることで、歯の治療に対しての不安を少しでも取り除くことも仕事であるといえます。そのため、笑顔で対応が出来るかどうか、さらには患者さんに清潔感を持ってもらえるかどうか…こういった点も転職成功のポイントであるといえるでしょう。


選べるケイコとマナブの歯科助手講座!


このページの先頭へ