歯科助手

歯科助手への就職成功のカギは志望動機が握っている!

歯科助手の求人を見つけ、「この求人に応募したい」と思ったら、すぐさま採用試験に挑戦しましょう。かつては、求人募集をしている歯科に直接電話して、面接の日時を取り付けた上で、その日時に面接を受けに行く…というのが一般的でした。しかし、現在ではより良い人材を獲得したい、応募者が多いためにまずは事前に吟味しておきたい…こういった理由で、事前に履歴書を送付するという形式も増えています。

履歴書の書き方は相手に自分自身のやる気を印象付けるためにも、大変重要な相手もです。もちろん、丁寧で読みやすい字体で書かれているか、写真の表情は穏やかなものか、さらに過去の経歴などチェックする項目も多いのですが、やはり何と言っても、「なぜ歯科助手になりたいのか」、「なぜ応募したのか」という志望動機に関する部分です。

志望動機を明確にすること…それは自分自身が歯科助手として働き、業務をこなすことが出来るようになるためにも重要なことであり、逆に、選ぶ側からすればやる気の人材を確保するためにも参考にしたい箇所でもあるのです。志望動機としては、自分自身がなぜ歯科助手の仕事を選んだのかを正直に書くと良いでしょう。ただし、「一般事務より給料がいいから」というお金の面ではなく、あくまでも歯科助手という仕事のどこに魅力を感じたのか、なぜその歯科を選んだのかを中心に…例えば「仕事内容にやりがいを感じたから」とか「患者さんの不安を自分の笑顔でやわらげてあげたい」などといった、仕事や職場環境に関連した志望動機をまとめるように心がけると良いでしょう。


選べるケイコとマナブの歯科助手講座!


このページの先頭へ