歯科助手

歯科助手の仕事内容って?

歯科助手の募集を求人誌などで見たことってありませんか?未経験でも可能なことが多く気になっている方も多いと思います。ただ具体的にはどういう仕事をするのかいまいちわかりませんよね。そう感じている方のために歯科助手がどういった仕事をしているかをお伝えいたします。

歯科助手とは簡単に言ってしまえばドクターや歯科衛生士の方が行う歯の治療をサポートしていくお仕事です。受付での対応からチェアーまでの案内、そして治療に必要な器具の準備や片づけ、治療後の会計に院内の掃除までとその仕事内容は多岐に渡ります。

ただ歯科助手は直接治療を行うこと、具体的に言えば歯に触れるようなお仕事はしてはならないと規則で決められています。ただドクターに比べより患者さんにとって身近に感じられる存在であるため、直接ではないものの治療にも大きく関わってきます。

そしてその仕事内容のメインでもある治療のサポートも、ライトで治療している歯を的確に照らしたり、治療中に腔内の唾液やドリルを使用した際に出る破片を吸い取るバキュームで吸い取ったり、仮歯を止めるセメントを練ったりと技術的な仕事も多いので経験を積む必要があります。

器具の名前がすぐわからなかったり準備に不備があったりすると治療全体が遅れてしまうので、専門的な器具や設備の名称や歯についての正確な知識も必要となってきます。

このように難しく感じる仕事もある歯科助手ですが一度この仕事を覚えてしまえば、歯科は医療機関の中でも数が最も多いので仕事に困るということはまずないでしょう。

そして歯科助手は働き方の選択肢が多いことも特徴で、正社員として週休2日で朝から夕方まで働くことも可能ですし、主婦の方が午前中から昼過ぎまでのパートとして働くことも可能です。

そして歯科助手は手に職をつけることはもちろんのこと給与面で見ても決して安い職業ではありませんので、仕事にやりがいを求める人にも融通を求める人にもおすすめできる仕事です。

選べるケイコとマナブの歯科助手講座!


どうして資格が必要なの?

歯科助手として歯科医院で働くためには資格がなくても法的には問題がありません。未経験の方でも始めることができるのでその敷居自体も高くはありません。

ただ未経験で知識のないままで仕事に就くと、専門的な知識やサポートに必要な技術がないためかなりの努力が必要になります。1人前として働くには時間も多く掛かってしまうので医院から嫌厭されてしまうのも事実です。

そしてこの資格は民間とはいえ歯の治療についての専門知識を持っていることの証明になることがその大きな存在意義です。転職や再就職の際にも経験があることの証拠となるので、一度取ってしまえば一生役に立つ資格です。

私は過去に歯科助手として働いていましたが、そのときは資格もなく未経験でその歯科医院に入りました。半年ほどでほぼすべての業務を覚えることができましたが、やはり大変なものでした。

助手はドクターよりも患者さんと接する機会が多いので簡単な質問をされることも多く、知識のなかった私はその都度ドクターや歯科衛生士さんの手を煩わせてしまっていたので、それが何よりもツラく感じたことでした。

患者さんから見ても治療に携わっている人間が知識に疎いとわかると大きな不安を感じてしまうので、そういった面でも本当に申し訳なく思っていました。

歯科助手の資格自体は難易度も低いものなので、もし現在歯科助手を仕事として考えている方は資格を習得してからの就職をおすすめします。

前もって知識があれば必要な技術の上達速度もかなり違ってくるはずですし、損なことは1つもありませんよ!

歯科助手の資格を取るならケイコとマナブ


■いいねサイト

資格を取得するときにお金がどうしてもたりないならキャッシングサイトでいいサイトを選ぼう→http://cashinget.com/
いらない洋服があったらすぐに売ろう!一番高く売れるのはブランド服買取ならangeさんです!

このページの先頭へ